シノアリス狂い

シノアリスのプレイ日記的なものです。このゲームが4ぬまで追いかけまわす所存です。

聖堂攻略、個人的には一段落

すーぐすぐすぐ進捗報告。

取り敢えず総合値6万超えました。

そろそろ現在手持ちの天井が見えてきたので総括的な報告を。

f:id:nikiALICE:20170620152404p:plain

 

編成はこんな感じ。

ガチャは100+10(初回)で110回、ヨクボウメダルはアリスとシンデレラのアルカナに使ってしまいました。

SSRは前衛1本、後衛2本の計3本(正直かなりつらい)。

上記の編成はガチャ産SSR1本(+配布槍がL)なので、無課金勢やガチャ運のない人たちもしっかり鍛えていけばこのくらいにはなれると思います。

 

個人的にはかなりガチャを回していくような人以外はA武器もどんどん強化した方がいいとおもいます。

とくに前衛は「弱点属性」「得意武器」「物理と魔法」というように相手やジョブによって有効な編成が大きく変わってくるので、A武器まで考慮しても全然武器が足りないと感じます。

(後衛の回復やバフデバフに関しては相性的なものが特に判明していないので、そこまで(1進化のAランクまで)育成する必要はない気がする。)

これは現状の武器プールで100回ガチャを回した感想です。

 

 

ちなみに、

f:id:nikiALICE:20170620153223p:plain

現在開催されている高難易度イベント「聖堂ニ巣食ウ悪夢」を攻略することができました。

3節クリアすればSSRナイトメアがもらえるみたいだけど、正直勝てる気がしない。

3節が無理なら2節やる意味もなさげ。

1節は人が集まれば周回できるだろうけど、1%の泥狙い周回は苦行。

 

個人的にノータッチでイベントスルーしちゃうのが悔しかったので1節攻略は頑張りましたがこの先はいいかなとおもってます。

期間中に鉄槌ガチャが来たらガチャって戦力盛ってSSR取得を目指すこともあるかもしれないけどね。

 

そんなわけで一段落

これまでは育成のために素材集めやゲリラ等で容赦なく石を砕いていましたが、総合値6万突破&手持ちの武器の育成に終わりが見えてきたのでペースダウンしようと思います。

一応、無課金プレイだしね(赤ずきん3000円)。

一時期2700あった石が2000まで減ってるからね。

達成報酬とかでちまちま稼いでるにもかかわらず減ってるからね。

オソウジ券も使いきったし。

来る正義の鉄槌ガチャに向けて貯めたい(願望)。

 

 

取り敢えず自然回復やオソウジ等でラビットやドリゼラをゆっくり周回していこうかな。

期間以内にそれぞれ4凸間に合わなくなりそうだったら容赦なく石砕くけど。

 

正直、最近マジで狂ったようにシノアリスにログインしてたからペースダウンします。

 

 

 

おまけ

高難易度イベントについて簡単に攻略ポイントをまとめておく

 

共闘をする(戦力次第だが3人(回復役1)は欲しいかもしれない)

・複数出現する敵はどれから倒すか打ち合わせしておく

・各フロアはSPを回復してから突破する

クレリックがいれば敵を一体だけ残すことでゆっくり耐久するできると思います)

・ナイトメアの役割分担(とくに属性特効バフ)

 

・ランクは70以上推奨(HPの関係で)

・前衛は風に寄せた編成を意識する

・火力が大事

これで平均6万くらいのメンバーが集まれば大丈夫だと思います。

 

ナイトメアについて

属性バフのナイトメアはガチャで出るSSRナイトメアが最適ですが

f:id:nikiALICE:20170620155604p:plainf:id:nikiALICE:20170620155542p:plain

衝動編で落ちるSRナイトメアや憎悪編で落ちるAナイトメアがレベルⅡの特効を持ってるのでそれでも十分です(2節以降は知らん)。

画像右は風、左は火というだけで性能は変わりません。ランクAの方がなぜか総合値が高い(レベル1時)ので、持ってない人は衝動編でSRナイトメアのドロップを狙うよりは憎悪編でAのナイトメアを拾ってきた方がいいかもしれません(そっちの方が落ちやすい気がする)。

 

ナイトメアは1回の戦闘で

・一人1回

・一種類につき1回(攻バフ、防バフ、属性特防、属性特攻、等)

という制限があるので、誰がいつどのナイトメアを使うかを決めておくといいです。

 

とくに特効系のバフには制限時間があるので無策に使うのはやめましょう。

基本的にはボス戦で使用し、効果発動前には特攻属性のカードを手札に蓄えるといった動きを取れるといいでしょう。

バフがかかったタイミングで全員が一斉に攻撃を叩き込めれば高HPのボスも一気に削ることができます。

 

 

この辺の攻略知識は今後の高難易度においても必要になってくると思うので簡単にまとめてみました。